SMFとは


平成15年(2003年)7月1日
実行委員5名により『草加ミュージック・フェスティバル実行委員会』が結成されました。

同年10月13日に第1回草加ミュージック・フェスティバルを開催。その趣旨は、草加市のポピュラー系音楽家にフェスティバル出場の機会を設けることにより、地元ミュージシャンの育成と支援を行うことにあります。

さらに、音楽が伝える「あたたかさ」「明るさ」「やさしさ」を草加市民の皆様に感じていただくことにより、「音楽宣言都市・草加」を愛するというコミュニティマインドを活性化して、音楽を通じた市民交流により、豊かな草加のまちづくりを推進することを第二の目的としております。

 

◆過去における開催の歴史は次の通りです。

開催日 開催場所
第1回 平成15年(2003年) 10月13日 草加市文化会館ホール
第2回 平成16年(2004年) 10月10日 草加市文化会館ホール
第3回 平成19年(2007年) 1月14日 草加市文化会館ホール
第4回 平成19年(2007年) 11月25日 草加市文化会館ホール
第5回 平成22年(2010年) 3月28日 草加市文化会館ホール
第6回 平成23年(2011年) 1月23日 草加市文化会館ホール
第7回 平成24年(2012年) 1月22日 草加市文化会館ホール
第8回 平成25年(2013年) 2月3日 草加市文化会館ホール
第9回 平成26年(2014年) 2月9日 草加市文化会館ホール
第10回 平成27年(2015年) 2月8日 草加市文化会館ホール
第11回 平成28年(2016年) 1月31日 草加市文化会館ホール
第12回
平成29年(2017年) 2月19日 草加アコスホール

 

第1回から第4回までは、地元にゆかりのあるミュージシャンのみで出演者を構成しました。
第5回目には熱帯ジャズ楽団のピックアップバンド、第6回目には、つのだ☆ひろwith FRIENDSに出演していただき、更に盛り上がるステージをお届しています。
第7回目は、東日本大震災復興支援チャリティーを目的の一つに加え、「バラが咲いた」で有名なマイク眞木グループをメインゲストに迎えて、市民に幅広く楽しんでいただきました。

 

◆現在の実行委員会メンバーは以下のとおりです。

実行委員長長谷部健一
実行委員(順不同)
瀬戸健一郎 真渕りか 鈴木正夫 加藤修三 神保満 塩谷京子 川井かすみ
田島一 吉田格 吉田光明 高橋博 吉田茂 井坂次男

 

草加サウンドとは
草加に関わりをもつ人々が作り出す、すべてのサウンドをいいます。
言いかえれば、すべての人がアーティストであり主役だとも言えます。
せんべいや革製品を作る時の音、朝夕の食事を作るときの音、学校のチャイムの音、
駅のアナウンス、松並木を通り抜ける風の音、笑い声を生む様々な祭の音
それぞれのサウンドが調和し、心豊かな日常を作り出してゆく…
これは、草加の街をひとつにする、かつてないサウンド・イノベーション。
そしてそれは、日常におけるさりげないサウンドを“意識する”ことから始まる…。